当社の名刺制作に対する思い入れ…コンセプト

あくまでお客様のオリジナルな名刺を作るというコンセプトを貫くため、デザインはすべてお客様のご希望を基本として制作いたします。デザインをあらかじめ用意して文字の流し込み作業による仕事はいたしません。
例えばお客様がお作りになられた名刺のデザインと同じものが存在するというのはおかしなものです。
名刺はご自分の顔であり個性の表現手段です。お客様の条件によりその都度お見積りいたします。
したがって、価格表は当サイトにはありません。
但し、最低数量と最低価格を表示しております。用紙の種類はその印刷に最も適性の良いものを当社で選択いたします。(特別に希望される場合は別ですが、その場合でも用紙の適性についてのアドバイスをさせていただきます)

当社の得意とする技術(1)
盛り上げ印刷(浮き出し印刷)盛り上げ印刷または浮き出し印刷。あるいはエンボス印刷。バーコ印刷、Thermographyとも呼ばれていますが私どもは凹版調の盛り上げ印刷と呼んでいます。本格的な凹版印刷に劣らぬ風合いの印刷物ができあがります。高級名刺に最適です。
基本的にはオフセット印刷ですが、印刷ラインに加工装置を連結し印刷物が通過する際、レジン(樹脂)のシャワーを浴びせます。印刷直後のインキ部分に樹脂が乗り、その後、余分な樹脂を吸引し、次に高熱の炉を通過させます。樹脂は高熱のため発泡します。次に急速冷却して硬化します。樹脂の選び方、印刷のスピード、インキの量、オフセット印刷に必要な水の供給量、室内の湿度、温度調節等すべて相関関係にあり、そのどれもが出来上がりに影響します。仕上がりは印刷物の画線部が如何にすっきり立ち上がっているか、樹脂がだれていないかなどが腕の見せ所です。

当社の得意とする技術(2)
紫外線硬化装置による本格オフセット印刷
レーザープリンタ、インクジェットプリンタ、インクリボン等の出力による印刷は安直ですが再現性に限界があり堅牢さにも欠点があります。当社はあくまで本格的なオフセット印刷にこだわっております。理由は文字の再現性が優れていること、色使いが多様に表現できること、印刷後の経時変化もかなり少な目です。紫外線硬化装置とは専用のインキを使用し、印刷後瞬時にインキが硬化、乾燥しますので印刷中のトラブル(裏付き、乾燥不良、印刷後の退色、摩擦による傷み)は殆どありません。速乾ですから思いっきり迫力の出る印刷が可能です。盛り上げ印刷(浮き出し印刷)と併用すると最高級の名刺ができあがります。

お問い合わせは 有限会社 精華堂 エクスプレス事業部 担 当 中川雅史
〒111-0053 東京都台東区浅草橋4-20-5
TELフリーダイヤル0120-98-3277 FAXフリーダイヤル0120-62-5649